HOME | メール受信 | サイト訪問 | アンケート | 懸賞サイト | 携帯サイト | 広告バナー | 大量高額当選懸賞 | 節約しよう | 貯蓄と投資
家計簿をつける | 水道光熱費を節約 | 保険を見直し | 通信費を節約 | カードを見直し | リサイクルで節約 | 医療費を節約

ネットでコツコツ稼ぐ節約しよう>水道光熱費を節約

                          水道光熱費を節約


電気代を節約

家庭の中で電力消費量が多い家電製品は、エアコン、冷蔵庫、照明器具の順番だそうです。
それでは、まずエアコンの電気代節約について。

エアコン
・・・よく言われることですが、冷房の設定温度は28度暖房は20度にしましょう。

では、具体的に、エアコン(2.2kw)を27度から28度にしたら、年間で
約380円節約(1日9時間使用で)
         エアコン(2.2kw)を21度から20度にしたら、年間で約1,640円節約(同上)
      また、エアコン(同上)の冷房を1日1時間短縮したら、年間で約640円節約
         エアコン(同上)の暖房を1日1時間短縮したら、年間で約1,170円節約
※暖房期間(10月28日〜4月14日)、冷房期間(6月2日〜9月21日)として算出。

冷蔵庫・・・詰め込みすぎはいけません。冷蔵庫で冷やさなくてもよいものはないかチェック!
      ドアの開閉回数を減らしましょう。

では、具体的に、詰め込みすぎからきちんと整理して入れると、年間で約1,570円節約
         開閉回数を半分にしたら、年間で約360円節約

照明器具・・・こまめに消灯しましょう!
       蛍光ランプを選ぶ→白熱電球の寿命の約6倍。電気代は3分の1以下。

では、具体的に、54Wの白熱電球から15Wの電球型蛍光ランプに交換、年間で約1,790円節約
 (点灯時間の短縮)54Wの白熱電球を1灯、点灯時間を1時間短縮、年間で約450円節約
           15Wの蛍光ランプを1灯、点灯時間を1時間短縮、年間で約130円節約

待機消費電力をご存知ですか?

待機消費電力とは電気製品を使用していないときでも、消費される電力のことです。
例をあげれば、テレビの電源は消していても、コンセントにプラグを差している状態です。
この待機消費電力は家庭の電力消費の10%もあると言われています。

対策はとても簡単です。使っていない電気製品のプラグをコンセントから抜くだけです。
しかし、録画予約をしているビデオなど、プラグを抜けないものもあるでしょうから、家の中の電気製品を
もう1度、よく見て、プラグを抜いても差し支えのないものから抜いていきましょう!

参考:資源省エネルギーセンター
金額はあくまでも目安であり、地域や機器の性能などにより金額が異なりますことをご了承ください。
                    ページのTOPへ

ガス代を節約


家庭の中でガスを主に使用するところは、お風呂とガスコンロです。

お風呂を見直しましょう

お風呂は給湯時と追い炊きの時にガスを使用します。
お湯が冷めないうちに家族一緒に入るか、間を空けずに続けて入りましょう。
また、フタは必ずして温度の低下を少しでも防ぎましょう。また、ホームセンターなどで販売されている
保温シートも効果的です。
では、具体的に数字で見てみましょう。

追い炊きをしない
追い炊き1回(200リットルの浴槽のお湯を2.7度追い炊きした場合)当たり6.7円

 →追い炊きをしないと、年間で約2,450円節約

シャワーの時間を短縮

(水温15度、湯温40度、シャワー湯量40度12リットル/分の場合)
シャワー9分 32.7円、シャワー10分 36.3円
 →1日1分の短縮で、年間で約1,320円節約

お湯張りは給湯式のほうがお得です
(200リットルの浴槽で水温15度の水を40度に沸かした場合)
給湯式 60.5円、風呂釜式 70.2円
 →給湯式のほうが年間で
約3,539円節約

ガスコンロを見直しましょう

落としぶたを使いましょう
(直径24cmの鍋で大根の煮物をした場合、水温18度)
ふた有り 3.8円  ふた無し 4.6円 → 年間で約2,250円節約

大きな鍋底がお得です
(24cm、16cmの鍋で15度の水2リットルを強火で沸かした場合)
24cm 3.2円  16cm 4.9円 → 年間で約1,840円節約

参考:東京ガス
金額はあくまでも目安であり、地域や機器の性能などにより金額が異なりますことをご了承ください。
                    ページのTOPへ

水道代を節約

家庭における水道の使用割合は、およそ風呂が26%、トイレが24%、炊事が22%、洗濯が20%、
洗面他が8%です。(東京都水道局、平成9年度調査より)。

お風呂・・・風呂水の再利用

お風呂の残り湯は、使用状態により異なりますが一般的に約180リットルといわれます。
その半分を洗濯、掃除、洗車、散水に利用すると、1回90リットルの節水になります。
 → それを毎日したとすると、年間で約7,770円節約

炊事・・・「ため洗い」を!

野菜や食器洗いの際、流しっぱなしで洗っていませんか?
流しっぱなしは約110リットルに対し、ため洗いは約20リットルです。90リットルの節水です。
 → それを毎日したとすると、年間で約7,770円節約

歯みがき・・・コップに汲んで

30秒間流しっぱなしで約6リットル。コップ3杯に汲んで約0.6リットルです。約5リットルの節水。
 → それを毎日、朝と晩に行うと、年間で約860円節約、3人家族だと約2,580円節約

参考:東京都水道局。水道料金は1リットル=0.24円として算出。
金額はあくまでも目安であり、地域や機器の性能などにより金額が異なりますことをご了承ください。

一般論

蛇口はしっかりと締める。シャワーはこまめに。
一戸建てにお住まいの人は、雨天時に庭にバケツを置いて雨水を貯めて庭木の散水に利用。

トイレ・・・ロータンクに水を入れたペットボトルを沈めるのは、故障の原因になりかねないそうです。
生理現象で回数の削減は困難なので、トイレでの節水はある程度諦めて他で頑張りましょう。

                         ページのTOPへ


              ネットでコツコツ稼ぐのHOMEへ


HOME | メール受信 | サイト訪問 | アンケート | 懸賞サイト | 携帯サイト | 広告バナー | 大量高額当選懸賞 | 節約しよう | 貯蓄と投資

L [PR] @AEx @i ^T[o[