HOME | メール受信 | サイト訪問 | アンケート | 懸賞サイト | 携帯サイト | 広告バナー | 大量高額当選懸賞 | 節約しよう | 貯蓄と投資
家計簿をつける | 水道光熱費を節約 | 保険を見直し | 通信費を節約 | カードを見直し | リサイクルで節約 | 医療費を節約

ネットでコツコツ稼ぐ節約しよう>医療費を節約

                       医療費を節約


結論から言いますと、医療費の節約法は、病気やケガで病院のお世話にならないことです。

日頃から十分な睡眠をとり、バランスのとれた食生活を心がけ、適度な運動をして、さらにストレスを
貯めないように努めることです。
しかし、いくらそのようにしていても、病気やケガはいつやってくるか分かりません。そこで、ここでは
万が一、病気やケガをたくさんしてしまった場合への備え、予備知識に触れたいと思います。

それは、
医療費控除です。みなさんもよく耳にされる言葉だと思います。
医療費控除とはごく簡単に言えば、病院にたくさん行き、多額の治療費や診察料を支払った場合、
申告をすれば、収めた税金がある程度戻ってきますよ、ということです。この
「申告をすれば」という
のがポイントで何もしなければ、税金は一切戻ってきません。
医療費控除の基本的な計算式は、

実際に支払った医療費の合計額−A−10万円=医療費控除の対象となる金額です。

A・・・生命保険などで支給される入院給付金や健康保険で支給される療養費、出産育児一時金など。

次に控除の対象となるものは、

1、医師、歯科医師による診察費か治療費  2、治療または療養に必要な医薬品の購入費用
3、通院のための電車代やバス代  などです。

注意したいのは、以下の控除対象とならないものです

4、健康診断や人間ドックの費用   5、歯の矯正費用
6、ビタミン剤などの病気予防や健康増進のためのもの  などです。

では、実際に何をすればいいかですが、上記の1と2のレシートは必ず保管しておきましょう。
3はレシートがないので、日時と料金、乗車区間をノートなどにメモ書きしておきましょう。
また、とても大事なことですが、税金の計算期間は毎年1月1日〜12月31日なので、去年の
レシートは対象となりません。

以上が医療費控除に関する予備知識と私たちにできる万が一への日頃の備えです。
もっと詳しくお知りになりたい方や金額や控除対象に関する相談をされたい方は、税務署へ相談されるか
以下のサイトにアクセスしてください。

参考にさせていただいたサイト:国税庁タックスアンサー



            ネットでコツコツ稼ぐのHOMEへ


HOME | メール受信 | サイト訪問 | アンケート | 懸賞サイト | 携帯サイト | 広告バナー | 大量高額当選懸賞 | 節約しよう | 貯蓄と投資

L [PR] @AEx @i ^T[o[